ゲームの高校に通う【技術など様々な知識や技術が必要】

記事一覧

遊びに留まらない魅力とは

ゲーム

未來を担う技術

今の10台、20代は物心ついたころにはテレビゲームがそばにあり、学校から帰ったあとや休みの日にはずっとゲームばかりやっていたという人もいるのではないでしょうか。そのような子供時代を過ごした人の中にはゲームに対する愛情が人一倍深い人もおり、プログラマーやプランナーとして関わりたいという人がゲームクリエイターの専門学校の門を叩いています。ゲーム業界といってもその関わり方は様々です。専門学校にはディレクター養成コースやCGデザインコース、ゲームプログラミング開発コースなどがあり、各3,4年間かけて学んでいきます。その中から現場の第一線で活躍している講師陣の指導の元技術を学び、業界の即戦力となる人材を育てます。プログラマーは、最近開発が急務とされ急速に発展してきているAIにとって代わられるのではないかとされる職業の一つですが、これからの人材は技術だけでなく、AIには代われないクリエイティブな思考も求められます。IT業界は常に新しい価値生み出し、時にはそれまで考えてこなかったような職種も生み出します。専門学校では進級作品や就職作品などの作品作りを通してこれらの素養を醸成していくのです。またこれらの専門学校は就職支援に太いパイプを持つことも大きな特徴です。学生が希望する会社にインターンシップという形で実習を行い、そこの企業が認めてくれたら引き抜く、というケースも多くあります。就職相談なども個別に受け持ってくれます。

Copyright© 2018 ゲームの高校に通う【技術など様々な知識や技術が必要】 All Rights Reserved.